読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

種を蒔く人

子どもの読書のことや、公共図書館、学校図書館の役割について斜め方向から考えます。

悲劇!図書館にあるはずだけど図書館で出会えない本

すべて見てみたいときはココ☜ 公共図書館のこと 司書のこと 本・物語について

 

 

さて今日は、

人気の本は貸出され続けるために図書館の棚ではお目見えできない

という悲劇について考えてみます。

 

てことで、いきなり結論ですが、

 

図書館の棚に並ぶ本は全てサンプルにして、もう貸出さない方がいいと思います。

貸出専用の本を別に用意して、そっちを貸出してください。

 

 と、突飛な素人考えをなんの躊躇もなく放出します。

 

 

 

子どもの本サンプル化計画

 

では、まず子どもの本のサンプル化について考えてみます。

 

f:id:yo_mite:20160317005004p:plain

 

子どもは、本のヘビーユーザーです。
子どもに可愛がられた本は、必ずボロボロなのが鉄則です。

しかし、あまりにボロボロでは子どもも親も手に取らなくなります。
そうなってしまえば、図書館での存在が薄れ、

書店での人気も下がり、いずれ消えてしまうでしょう。

図書館が継続的に買い替えることで、

子どもの本は利用され続け、後世まで読み継がれることでしょう。

 

というのは、この記事に書きました☟ 

yo-mite.hatenablog.com

 

 

 

お子さんをお持ちの方は、きっと共感してもらえると思いますが、

子どもはお気に入りの本を繰り返し読みます。

繰り返し繰り返し「読んで」と持ってきます。

 

ぐりとぐら』なんか、何回読まされたことか。

ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)

ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)

 

 

 

『ねずみくんのチョッキ』なんかも、数えきれないほど読まされました。

 

 

『こぐまちゃんとホットケーキ』を嫌いな子を見たことがない。

しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)

しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)

 

 

 

そんなわけなので、そこまでお気に入りの本なら、

いつも子どものそばに置いてあげておきたいと思うのが親心でしょ。

そして、これは子どもの本あるあるネタですが、

小さい子は家に持っている本を、必ず借りたがります(笑)

 

 

次に、子どもの本の購入者について考えてみましょう。

子どもの本は、子どもが購入するのではなく、

大人が購入して子どもに与えるものです。

図書館での子どもの反応を見て、購入を決めることはあると思います。

 

 

さらに、長く愛される子どもの本の普遍性について考えてみましょう。

大人が個人的な懐かしさだけで与えても、その子が気に入るとは限りません。

しかし、鉄板と言われる本の力はすごくて、例外なく子どもの心を鷲掴みにします。

それほど時代を超えた普遍的な魅力があるのでしょう。

 



結論

公共図書館では、

将来にわたって読まれるべきと認められた本は必ず絶やさず棚に置き、

継続的に買い替えて保全され続けてほしい。

いつでも手に取れるように、貸出しできなくても棚に置いておいてほしい。

購入を考えるためのサンプルの役目も果たすし、

その日借りれなくても予約することができる。

 

 

実用書サンプル化計画

 

今度は、実用書のサンプル化について考えてみます。

 

実用書には、生活実用書と趣味実用書があります。

おおよそインターネットに淘汰されてしまっているようです。

実用書を実用のみと捉えれば、

インターネットから即座に情報が得られるのであれば、

敢えて買う必要もないのかもしれませんね。

 

しかし、 印刷された書籍とインターネットの情報との大きな違いは、

書籍の方は、読者のニーズを把握し企画されている点です。

例えば料理本などは、著者の他に、カメラマン、編集者、デザイナーなど、

いろんな人たちの「あーでもない、こーでもない」の延長線上に完成した、

まるで「作品」です。

そして、それはただの「作品」にとどまらず、利用されてこそ価値があります。

何度も再読され、読者の日常に寄り添っているようです。

と、ここまで書いて、

そんな実用書は、まるでデザイナーズチェアーのようだと思ってしまいました。

洗練されたデザインの椅子は、

まるで彫刻のように美しいのに、人が座って心地いいからこそ価値がある。

ぴったり人の生活に寄り添っていますね。

 

f:id:yo_mite:20160317004552j:plain

出典:

革新的で普遍的な美しいデザインは、時を超えて色褪せず、暮らしに彩りを与える|Klass Design

 

 

このような類の本は、図書館からの借り物では不便です。

常に身近に置いて、撫でまわして使いまわしたい。
 
そして、実用書というのは、

本に興味のない人にも親しまれ、本へのハードルを下げてくれます。

どうですか?

こんな実用書は、図書館にサンプルとして並べておかねば!
 


結論

実用書の品揃えは、

「文芸書を読むこと=読書」と決めつけ、自ら読書へのハードルを上げて、

図書館を遠ざけている住民へのアプローチになります。

だからこそ、実用書の品揃えに重きを置いていいかもしれない。

だけど、ちょっと中身を見たくて図書館へ行っても、目的の本が棚になければ、

『やっぱり図書館って、あてにならないなぁ』と、

図書館からもっと遠くへ離れてしまうでしょう。

サンプル本が常に棚にあれば、見たいだけの人の目的は果たせますし、

貸出中で借りることができなければ、予約して帰ればいい。

もし、サンプル本を見て気に入れば、購入するかもしれない。

 

 

 サンプル化計画を総括します

 

ネットで本が購入できるようになったので、

近くに書店がなくても困らなくなりました。

でも、中身を見て購入を考えたい人は多いはずです。

また、近くに書店があったとしても、必ずしも目的の本があるとは限らない。

だから図書館に置いてあれば、いくつも見て比べて購入を決められます。

そういう意味で、図書館にはサンプル本と貸出専用本を置いてほしいのです。

 

そして、このように図書館を利用すると、プラスαな効果があります。

図書館の棚は書店とはちがい、同じ主題の他の分野の本が近くに並んでいます。

だから目的の1冊を確認しに行って、他の興味や関心が生まれ、

新しい分野へと読書が派生していくと思います。

これって、ブラウジング効果というのですが、こういう効果があると、

十進分類法で分類される図書館冥利に尽きるではないですか?

 

f:id:yo_mite:20160317010149p:plain

 

現実的には、

サンプル用と貸出用を置くとなると、

これまでの最低2倍の購入費と所蔵スペースが必要になるので、

とても贅沢なことを言っているかもしれません。

でも、こういうことで出版業界の市場が潤い、

図書館利用者が増え、新しい読者層を開拓する力に図書館がなるなら、

メリットは大きいと思います。

 

 

公共図書館には、

一度見て気に入ったら購入したくなる本をどんどん置くべきです。

そして、

公共図書館に置かれた本は、必ず売れる!」

というジンクスなんかができちゃうと、

ほら!公共図書館の専門性が上がるじゃないの!!

図書館司書のステータスも上がるんじゃないの?!

 

 

併せて読みたい記事

 

yo-mite.hatenablog.com

 

yo-mite.hatenablog.com