読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

種を蒔く人

子どもの読書のことや、公共図書館、学校図書館の役割について斜め方向から考えます。

私が『ギリシア神話』を薦めたい理由

プロメテウスを知ってる?

 

f:id:yo_mite:20160214140026p:plain

 

「プロメテウスを知ってる?」

 大ヒットSF映画『インデペンデンス・デイ』で冒頭のセリフです。

 

アメリカ人はよほどプロメテウスが好きなようで、

『プロメテウス』というタイトルそのままの映画も作るくらいです。

 

ロックフェラービルにも、黄金に輝くプロメテウス像があります。

 

 

f:id:yo_mite:20160214140137j:plain

 

 

そして、千代田区にも。。。

f:id:yo_mite:20160214140207j:plain

 

 

プロメテウスは神様ではなく巨人ですが、

実は人間を作ったのはプロメテウスだと言われています。

そして、プロメテウスは人間をとてもかわいがり、

人間のためにオリュンポス山から火の花を盗んできて与えたのです。

 

 

知っておくときっと役に立つかも

 

ギリシア神話の神々の名は、世界中いたる所で、

商品名に使われていたり、

ゲームやアニメのキャラクターの名にも使われています。

だからギリシア神話を読んでいると、

聞いたことがあるような名前が出てきます。

また、絵画にも音楽にも、

ギリシア神話をモチーフにしたものが沢山あります。

グローバル社会だもの、日本人だって、

ギリシア神話くらい読んでおいて惜しくないでしょう。

 

 

とにかく面白さがハンパない

 

それより何より、とにかく面白いのですよ。

私は子どもの頃に読んで、ずっと忘れられないのは、

イカロスの悲しい物語ですが、子どもながらに、

しんみりと沁み渡るような感動を覚えたものです。

その本(従兄弟からのお下がりの『えほん百科(平凡社)』←当時すでにボロボロ)の

そのページを何度も繰り返し読んで、毎回、その静かな感動を味わっていました。

小学生の何年生頃だったのかは、定かではありません。

「しんみり」は覚えているのに、自分がいくつだったかは覚えていないのです。

 

f:id:yo_mite:20160222175014p:plain

 

有名な『トロイの木馬』の話は、

下に紹介する『ギリシア神話』の『トロイア戦争』の中で語られています。

前後の話があって読むと、それはそれは興奮しますよ。

このお話は、圧巻だからぜひ読んでほしいです。

 

トロイア戦争のあと、

勇士オデュッセウスが10年間も祖国に帰れずに、冒険をするのですが、

その冒険物語も、とてもとても面白いです。

私は、漫画もアニメも面白いと思っています。

子どもたちと『ONE PIECE』や『銀魂』なんか見て喜んでいます。

それでもやっぱり、永い永い悠久の時を経てもなお、

世界中の人が面白がる物語は、

面白さの厚みが比べようもないくらい違うってもんですよ‼︎

  

ギリシア神話

ギリシア神話

 

  

次男(中学生)は、私よりずっと本好きで、

本が無いと手持ち無沙汰な様子で本棚を物色しています。

(我が家にはリビングに本棚がある)

最近、

ギリシア神話はこの本以外にもないのか?

と訊ねてきたので、春休みには下の本を買ってあげようと思っています。

私も読むのが楽しみ♪です。

 

ギリシアの神々の物語

ギリシアの神々の物語

  • 作者: ロジャー・ランスリングリーン,矢野ゆたか,Roger Lancelyn Green,山本まつよ
  • 出版社/メーカー: 子ども文庫の会
  • 発売日: 2014/06
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

中学生には、たまに、お節介を焼くのもいいでしょう

 

のら書店の『ギリシア神話』は、

中学生に薦めるブックリストに必ず入る、定番中の定番でしょう。

だから、どこの中学校の図書室にも置いているはずです。

ただし、こういう本は目立ちません。

子どもは目新しい本に目が向きがちで、こういう本は埋もれてしまうものです。

おせっかいな誰かが頃合いを見計らって薦めないと、

なかなか読まれないでしょう。

ときには、これは!という本を薦めるのも大切だと思います。

 

さほど読書家でもない私が小中高と、

気まぐれにでも、辛うじて本を読んいたのは、

とても読書家の先生が、

授業そっちのけで本の面白さを語ってくれていたからです。

 

f:id:yo_mite:20160222174646p:plain

 

中学校の図書室には、そんなおせっかいな司書が必要だと思います。

普段から子どもたちと触れ合っていないとそんなお節介も焼けません。

だから、常任で、専任であってほしいのです。