学校図書館は公共図書館への窓口となり、学校の先生達のサポーターになれる

子どもの読書推進事業の一環で、 時々「子どもの読書ボランティア」の研修会が行われます。 先日は、現役の特別支援学級担任の先生が、 「特別支援学級での読み聞かせ」について実践報告をされました。 先生の話によると、 普通クラス担任が、自分のクラスにおいて、 「もしかして発達障害だろうか」と感じる子どもが 全体…