朝読(朝の読書運動)が流行ってしまった

先日、 2015年「図書と出版」を考える 新たな協働に向けて(日本書籍出版協会) を読んでいたら、 東京大学出版専務理事、黒田拓也氏が 『朝の読書運動』について触れていた。 「読書」をすることは広がっているが、「読む力」は必ずしも広がっていない。なぜか。 (中略) 「ただ読むだけ」ということに、とても大きな問題…