読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

種を蒔く人

子どもの読書のことや、公共図書館、学校図書館の役割について斜め方向から考えます。

学校図書館のこと

アクティブ・ラーニングからの、トランスフォーム!

これからの教育 学校図書館の活用名人になる―探究型学習にとりくもう 作者: 全国学校図書館協議会,全国SLA= 出版社/メーカー: 国土社 発売日: 2010/02 メディア: 単行本 クリック: 4回 この商品を含むブログ (2件) を見る これからの教育は、トランスフォー…

学校は嫌いになっても、図書館のことは嫌いにならないで!!

図書館との初めての出会い 小学校には それぞれのクラスに週に1回「図書」の時間というのを設けてあり、 割り当てられたクラスがゾロゾロとやってくる。 そして前の週に借りた本を返して、選んだら借りて帰る。 高学年は今、運動会の練習中で忙しそうで、 …

蔵書点検って、なんのためにするんすか〜?

先週は息子の学校の図書館で蔵書点検していまして、超疲れました。 そんでもって、こんなこと呟きました☟ 我が子の学校の図書室へボランティアとして蔵書点検に行った。生徒や職員のための大切な「知の財産」であり「市の財産」でもある蔵書を年度末に棚卸し…

形だけの学校司書全校配置と待機児童0人

www.kyobun.co.jp 平成28年度で、第4次学校図書館整備推進5ヶ年計画が終了します。 そして平成29年度から、第5次学校図書館整備推進5ヶ年計画が始まります。 第4次学校図書館整備推進5ヶ年計画 平成23(2011)年6月、学校図書館活性化協議会で、 学校図書館の…

本は、図書館にとって重要なインフラです。

www.huffingtonpost.jp m.huffpost.com 出版業界の業績不振が続いています。 民事再生申し立ても続けて発生しています。 ebook.itmedia.co.jp www.huffingtonpost.jp ebook.itmedia.co.jp 本が出版されなくなるなんてのは、図書館にとっても致命的なことです…

学校図書館は公共図書館への窓口となり、学校の先生達のサポーターになれる

子どもの読書推進事業の一環で、 時々「子どもの読書ボランティア」の研修会が行われます。 先日は、現役の特別支援学級担任の先生が、 「特別支援学級での読み聞かせ」について実践報告をされました。 先生の話によると、 普通クラス担任が、自分のクラスに…

知的財産への扉を開き、安心できる居場所にもなる学校の図書室

headlines.yahoo.co.jp headlines.yahoo.co.jp 保護者以外の信頼できる大人の存在は、 ある程度の年齢に達した子どもにとって大切だと思います。 なぜなら、 保護者とはまた違った価値観も知ることができるからです。 「親の知らないところで子は育つ」と言…

学校の図書室は、子どもたちの「第三の場:サードプレイス」になれると思う

www.huffingtonpost.jp ハフィントンポスト 2016.01.05 『つながる図書館』の著者、猪谷千香さんの記事です。 便利だから利用する 越中舟橋駅の乗降客増加をねらった、この「パーク&ライド方式」は好評で、隣接する自治体の人たちも越中舟橋駅を利用、図書…

学校の図書室に専任の司書を置いたら、貸出冊数が5年で約3倍になった!

学校図書館:金沢の児童、5年間で2.9倍 司書増員/石川 - 毎日新聞 こりゃあ、素晴らしい 2016/02/12 10:08 金沢市立小学校の学校図書館に、 2011年度から司書を置いたら、 児童の平均貸出冊数がどんどん増えたらしい。 昨年度の集計結果では、司書導入前の…