読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

種を蒔く人

子どもの読書のことや、公共図書館、学校図書館の役割について斜め方向から考えます。

公共図書館のこと

悲劇!図書館にあるはずだけど図書館で出会えない本

さて今日は、 人気の本は貸出され続けるために図書館の棚ではお目見えできない という悲劇について考えてみます。 てことで、いきなり結論ですが、 図書館の棚に並ぶ本は全てサンプルにして、もう貸出さない方がいいと思います。 貸出専用の本を別に用意して…

本は、図書館にとって重要なインフラです。

www.huffingtonpost.jp m.huffpost.com 出版業界の業績不振が続いています。 民事再生申し立ても続けて発生しています。 ebook.itmedia.co.jp www.huffingtonpost.jp ebook.itmedia.co.jp 本が出版されなくなるなんてのは、図書館にとっても致命的なことです…

未来のために一歩進んでできること

公共図書館が無料である理由 公共図書館って税金で運営されているんです。 そんなことはわざわざ言わずとも知られたことだけど…。 だからそんなわけで、 建物も蔵書も全て地域住民の「財産」です‼︎ それも過去から受け継いだ「知の財産」なのです‼︎ そして、…

非正規雇用に明日はあるのか…頑張った自分を褒めてる場合じゃないんですけど

公共図書館の資料購入費と専任司書の数 日本の公共図書館はほとんど公立なので地方公共団体が運営する。 地方の財政難は今に始まった話ではないが、 大規模災害は起きるし、格差社会は深刻化しているし、保育園は足りないし、 高齢者は増加しているし、介護…

「保育園落ちたの私だ」そして「辞めたの私だ」

www.j-cast.com 『保育園落ちた日本死ね』が日本中に波紋を及ぼした。 いよいよ国会で議論されると思いきや、 匿名では信憑性が確認できないと言うので、 Twitter上に『保育園落ちたの私だ』のハッシュタグが投下された。 するとあっという間に保育園落ちた…

被災地を走った移動図書館

本が寄り添う、本で寄り添う 東日本大震災のあと、ボランティアに入ったNPO団体が、 移動図書館プロジェクトを立ち上げました。 その立ち上げに奔走した日々のことや、 届けられた本がどんな風に憔悴しきった人々の心に寄り添ったのかを、 活動の中心人物で…

読み聞かせボランティアが流行ってしまった

人に貸した本は返ってこないと思えorz わたしとあそんで (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本) 作者: マリー・ホール・エッツ,よだじゅんいち 出版社/メーカー: 福音館書店 発売日: 1968/08/01 メディア: 大型本 クリック: 16回 この商品を含むブログ (54…

ある日のブックオフで…その本、図書館にあります。

ある日、ある時、 ちょいと時間を潰さなくてはならなかった私は、 時間潰しのための本を手に入れるためにブックオフに寄りました。 ブックオフでは、キレイめの岩波少年文庫を買うのです。 自分も読めるし、本好きの次男が読むし、そのうち三男も読むでしょ…

AEDサスペンスドラマゲーム「心止村湯けむり事件簿」から図書館に足りないものを考えた

発足して2年「減らせ突然死AEDプロジェクト」 www.asahi.com チャー、チャー、チャーン! キャアアアアアアアア!!!温泉旅館で男性客が突然倒れた!!! 死んでいるのか? いや、まだ息はあるようだ。 aed-project.jp と、いきなりですが、このゲームやっ…

「考える力」はどう育つのだろう?ーストーリーテリング(耳からの読書)についてー

学校行事において伝統を重んじ誇りを持つことは、 連体感を強め、将来においては自信にもつながると思います。 ところが、その時々において、 必ず陳腐になっていくものさえも、捨てきれないのでは、 大切なはずの「伝統」すら輝きが鈍るってもんですよ。 「…

公共図書館が個人文庫を超えられる日は一体いつ来るのかな

個人文庫の盛り上がりのきっかけになった1冊の本 子どもの図書館 (1965年) (岩波新書) 作者: 石井桃子 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1965/05/20 メディア: 新書 クリック: 4回 この商品を含むブログ (6件) を見る 「私は高校生の時、この本を読んで、…

知的財産への扉を開き、安心できる居場所にもなる学校の図書室

headlines.yahoo.co.jp headlines.yahoo.co.jp 保護者以外の信頼できる大人の存在は、 ある程度の年齢に達した子どもにとって大切だと思います。 なぜなら、 保護者とはまた違った価値観も知ることができるからです。 「親の知らないところで子は育つ」と言…

図書館のコトは図書館員にも聞いてあげてー!

www.nwn.jp 地域の情報拠点としての図書館についてアイデア交換 和歌山市民図書館は、2019年建て替えの際に、 駅ビルに移転するそうです。 そりゃ便利になるね、いいなぁと思いました。 「便利だから利用される」でしょう、きっと。 それで、市民同士でアイ…

学校の図書室は、子どもたちの「第三の場:サードプレイス」になれると思う

www.huffingtonpost.jp ハフィントンポスト 2016.01.05 『つながる図書館』の著者、猪谷千香さんの記事です。 便利だから利用する 越中舟橋駅の乗降客増加をねらった、この「パーク&ライド方式」は好評で、隣接する自治体の人たちも越中舟橋駅を利用、図書…